ちょっと変わったリフォーム事例

リフォームにつきましては、変わった内容も多くあります。

ちょっと変わったリフォーム事例

リフォームにつきましては、変わった内容も多くあります

リフォームにつきましては、変わった内容も多くあります。家の利用は、それぞれの家庭の事情による部分がありますので、積極的に利用しやすいというリフォームを行っていくべきでしょう。
そこでちょっと変わったリフォーム事例というものがあります。それは、一般住宅を店舗併用住宅にしていくというものです。
昔からの夢として、喫茶店を開きたかったという方もいます。また、雑貨店を開きたかったという方もいます。
しかし、そういった店舗を借りるような資金がない場合もあるでしょう。
そういった時に、住宅の1階部分をリフォームし、店舗にするということを行う方も多いのです。
そのリフォームですが、複数の部屋を一つの部屋にまとめるようなリフォームを行います。そうすることで、店舗の広さを確保していくということを行うのです。

工事としては、壁などを取り去ります。壁の分、耐震性が落ちますので、耐震リフォームを同時に行うケースもあります。夢の実現のためにも、そういったちょっと変わった事例ではありますが、利用を考えてみましょう。

私は、変わったリフォームであるかは分かりませんが

私は、変わったリフォームであるかは分かりませんが、これまでに大きなリフォームを2回ほどしたことがあります。小さなものを含めると、10回くらいはしたことがあると思います。
家は、長く住んでいると、湿気や日差しで壁や床、天井が黒くなったり色褪せたりして、汚くなってくると思います。そのクロスや床を、これまでは白を基調として張っていましたが、気分を変えてピンクにしようとしたり、予算がある時は既存の窓を出窓にしたりして、我が家をイメージチェンジさせようと、リフォームをしたことがありました。

クロスをピンクに変えたのは、洗面所とお風呂でしたが、キッチンについても側面のタイルとクロスを張り替えて、床に関しては床下収納をついでにつけてもらって、木目調の床に貼り替えてもらったことがありました。

新しい洗面所やキッチンを使うのが楽しいのも、リフォームのお陰でした。
きちんと計画し、上手にリフォームするといいと思います。

関連リンク